これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

インフルエンザの予防接種 幼児への接種時期は?流行のピークは?2回接種時の間隔は?

      2016/11/04

072708

冬になると流行するのがインフルエンザです。

幼稚園や保育園に通うお子さんのいる家庭では、
ちょっと熱が出ようものならインフルエンザ?と心配になってしまいます。

インフルエンザの感染を防ぐため重篤化させないためにも予防接種は効果が期待できます。

幼児への予防接種について解説します。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種 幼児への接種時期はいつ?

基本的に予防接種は、インフルエンザが流行する前に接種しておく必要があります。
また免疫が付くまでに2~4週間かかるので、その分早めに接種する必要があります。

幼児の場合は2回接種が基本なので、
流行が始まる2~4週間前には、2回目の接種が終わっているのが理想です。

 

インフルエンザの流行時期のピークは?

冬の時期になると流行するインフルエンザですが、
通常は1月下旬から2月にかけて流行のピークを迎えます。

また早い年では12月下旬ごろから、患者数が増えていくこともあります。

そのため予防接種の時期としては、
12月上旬から中旬ぐらいに2回目を接種するのが、ちょうど良いタイミングになります。


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種 幼児の2回接種時の間隔は?

幼児の場合、大人に比べると免疫が付きにくいといわれています。
また年齢によっては、1回の接種量が制限されることがあります。

そのため、12歳までの子供は2回接種が一般的です。

そして2回接種時の間隔は、2~4週間が推奨されています。

1回目の接種で免疫ができるのが2~4週間後なので、
その後に2回目を接種するようにしましょう。

 

まとめ

幼児へのインフルエンザの予防接種は、
1回目を11月中旬、2回目を12月上旬から中旬に打つのがお薦めです。

この時期に接種することで、インフルエンザの流行前に免疫を付けることができ、
流行が終わるまでの約3か月間、効果が期待できます。

またインフルエンザに罹らないためには、予防接種以外にも
帰宅時の手洗いやうがい、外出時のマスクなどの対策も有効です。

【関連記事】
予防接種後の副作用の症状は?病院へ行ったほうが良い場合とは?

 

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - 美容・健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花粉症の対策は帰宅時が重要!玄関で出来る事は?グッズでおすすめは何?

スポンサードリンク 家での花粉症対策で重要なポイントが、帰宅時の玄関先での対策で …

インフルエンザのa型はどのくらいで治る?ウイルスの生存期間と学校の出席停止期間は?

スポンサードリンク 地域によって違いはありますが、12月頃からインフルエンザの流 …

日焼けサロンの肌への影響は?上手な焼き方は?シミはできない?

夏が近づいてくると、日に焼けた健康的な肌に憧れますね。 色が白いというのは決して …

犬が夏バテで食欲が無いときの対処法と食事のレシピ!

スポンサードリンク 犬は暑さに弱い生き物です。 熱中症や夏バテなど、いろいろと気 …

インフルエンザ 風邪でも予防接種は受けられる? 二回目は必要?副作用は?

スポンサードリンク インフルエンザの予防接種は抗体が出来るまでに2~4週間ほどか …

インフルエンザの予防接種は効果なし?ウイルスの種類とワクチンの仕組みは?

スポンサードリンク インフルエンザの予防接種について効果があるのか疑問に思うこと …

シミの原因はメラニン?ストレスも関係してる?消す方法は?

スポンサードリンク 顔のシミって気になりますよね。 急に老けたようにも見られます …

日サロでの焼き方 下地を作ってムラなく焼くには?維持するための頻度は?

夏場は海やプールなどに行く機会が増え、楽しみな季節です。 小麦色に焼けた肌は健康 …

花粉症のレーザー治療 保険は適用される?料金は?術後の経過は?

鼻づまりの症状って苦しいですよね。 スポンサードリンク 朝、鼻が詰まって息苦しく …

インフルエンザ a型の感染方法と予防法は?b型と両方かかることは?

インフルエンザが流行する季節がやってきました。 スポンサードリンク インフルエン …