これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

敏感肌の日焼け止めの選び方は?ノンケミカルとは?成分は?

      2015/03/22

0bcba2749e8fed8c4e301d39dc428e62_l

夏が近づき、日差しを強く感じるようになると
気になってくるのが日焼け対策です。

近頃は敏感肌の人が増えてきているので、
日焼け止めにも気を使わないといけません。

刺激が強いと「ヒリヒリして、赤くなる」という
敏感肌の人の日焼け止めの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

 

敏感肌の日焼け止めの選び方!

少しの刺激で「ヒリヒリ」してしまう敏感肌の方は、
低刺激の日焼け止めが良いといわれています。

顔専用のものやSPFの低いものがお薦めです。
ベビー用も肌に優しそうですね。

SPFは50ぐらいの高いものもありますが、
20程度でもこまめに塗りなおせば効果が期待できます。

そして帰宅後にはしっかりと洗顔することが大事です。

 

日焼け止めのノンケミカルとは?

日焼け止めはノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)のものを選ぶ方が良いようです。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤とは紫外線を吸収して他のエネルギーに変える成分のこと。
この紫外線吸収剤を含む日焼け止めは、
紫外線防止効果が高いのですが、肌への刺激が強いという特徴があります。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは、紫外線散乱剤という成分を使っています。
このタイプの日焼け止めは、 紫外線防止効果は劣りますが、肌への刺激は抑えられます

 

日焼け止めの成分を調べる!

いろいろな日焼け止めを試したが「どれも肌に合わない」という方は、
一度、皮膚科で原因物質を特定したほうがいいかもしれません。

今まで使ってきた日焼け止めや化粧品の成分をリストアップし、
それをもって皮膚科に行きパッチテストをしてもらいます。

原因物質が特定できれば、その成分を含まない日焼け止めを選べばいいので
一番確実な方法です。

 

まとめ

敏感肌の方の日焼け止めの選び方は、低刺激が基本。
ベビー用や低SPFのものでも、マメに塗ると効果が期待できます。
肌への刺激が強い紫外線吸収剤は避けた方がいいでしょう。

今までに刺激を感じた化粧品や日焼け止めの成分を調べ、
皮膚科でパッチテストを行ってもらうと、原因物質が特定できる場合があります。
特定できると、その成分を含まない日焼け止めを選ぶことが出来ます。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 美容・健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日サロでの焼き方 下地を作ってムラなく焼くには?維持するための頻度は?

夏場は海やプールなどに行く機会が増え、楽しみな季節です。 小麦色に焼けた肌は健康 …

インフルエンザ 大人
インフルエンザ後は何日で外出できる?出席停止期間 大人の場合は?

スポンサーリンク 冬らしい寒さになってきましたね。 気温&湿度が低下してくるとイ …

唇 乾燥 かゆみ
唇が乾燥してかゆみがある時の原因と対策は?簡単に出来る対処法を紹介!

スポンサーリンク 唇のトラブルで意外に多いのが、「唇のかゆみ」です。 あなたは急 …

花粉症 洗濯物 部屋干し
花粉症対策には洗濯物の部屋干しが良い?外に干す時の対策は?

スポンサーリンク 厳しい寒さが和らいで、 日差しがほんのりと温かくなって気持ちい …

インフルエンザの予防接種の料金 2015年は高い?副反応や痛みは?

2015年から3価から4価に変わったインフルエンザの予防接種。 スポンサーリンク …

手足口病
手足口病が大流行!予防は出来る?感染しない為の対策は?

ウイルス性の感染症である手足口病が流行しています。 スポンサーリンク 毎年夏にな …

マヌカハニー,健康
マヌカハニーとは何?愛用している芸能人とおすすめレシピは?

スポンサーリンク 抗菌力が話題のスーパーフード、マヌカハニー。 芸能界でも多くの …

インフルエンザ,症状,検査
子供の発熱 インフルエンザ検査で陰性でも油断禁物!?症状から見極める方法は?

スポンサーリンク 今の時期、子供が急に発熱するとインフルエンザかも・・・ってなり …

花粉症のレーザー治療は妊娠中でも出来る?メリットとデメリットは?

スポンサーリンク 花粉症のレーザー治療というのをご存知ですか? 妊娠中や授乳中な …

日焼けサロンの肌への影響は?上手な焼き方は?シミはできない?

夏が近づいてくると、日に焼けた健康的な肌に憧れますね。 色が白いというのは決して …