これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

りんご飴の上手な食べ方!選び方と食べる時のポイントは?

   

りんご飴 食べ方

夏祭りに欠かせない「りんご飴」!

大きなりんごに飴がたっぷりとかけてあって、のどが渇きそうだけど、おいしそうで食べたくなりますね。
りんごの酸っぱさと飴の甘さのバランスが何とも言えない美味しさです。

しかし、りんご飴は食べ方がものすごく難しいですよね。
浴衣などで出かけた場合、汚しそうで食べるのを躊躇してしまいませんか?

今回は夏祭りで人気のりんご飴の食べ方を、その場で食べる場合とお持ち帰りする場合に分けて紹介します。

スポンサーリンク

りんご飴の食べ方!買ってすぐに食べる時の注意点は?

丸くてかわいいりんご飴!
毎年夏祭りに娘にせがまれてついつい買ってしまいます。

でも、りんご飴の食べ方にはいつも苦戦させられます。
かぶりつこうにも、周りの飴が固くて噛めないし、その場で食べようとすると浴衣が汚れそうで怖い。

そういったお悩みを解決していきましょう。

まずは、りんご飴を買ってすぐに食べたい人派向けの食べ方を紹介していきます。

1.りんごは小さいものを選ぶ
せっかくの夏祭りの楽しみだから大きいものを食べたい。
その気持ちよくわかります。

しかし、大きいものは基本的に食べにくいです。
りんごをかじって食べることを考えると小さい方が食べやすいですね。

最近は、大きいものと小さいものを売っている店が多いので、
その場できれいに食べたいなら迷わず小さいものを選びましょう。

2.食べ始めたら時間との勝負
何といっても飴ですから、溶けてきます。
食べ始めたらりんご飴だけに集中して食べましょう。

のんびり食べているとうっかり浴衣を汚してしまうかもしれません。

飴が解けないうちに甘さと酸っぱさを同時に楽しみましょう。
うーん。おいしそう。

3.りんご飴だけに集中!
りんご飴を食べるとなったら、歩きながらではなく人の少ない場所で食べるのがオススメです。

歩きながらや人が多い場所で食べると思いもよらないことが起こります。
例えば、人がぶつかってきたり、足元が悪くてつまずいてしまったり。

この3つのポイントに注意してりんご飴をおいしくいただきましょう。


スポンサーリンク

りんご飴の食べ方!持ち帰って家で食べる時のポイントは?

りんご飴 切り方

私もそうですが、やっぱり家でゆっくりとりんご飴を食べたいという人もいると思います。
夏祭りの雰囲気を感じながらおいしく食べるのもいいですが、家でゆっくりと味わいながら食べるのもいいものです。

ここでは、お持ち帰りの際の買う時のポイントや、美味しい食べ方を紹介します。

●買う時のポイント
帰る直前に買うことです。
あらかじめここで買おうと決めておくといいでしょう。

行ってすぐに買ってしまうと荷物になりますし、飴ですからベタベタして多少溶けるかもしれません。

次はリンゴ飴のサイズについてです。
家で食べるのなら大きいものがオススメです。

毎年買っている私の経験上の話ですが、りんご飴は大きい方が断然おいしいです。
小さい物よりお得感もありますしね。

小さなりんごは食べやすいですが、酸味が強い場合が多いように感じます。

●持ち帰っておいしく食べる方法
帰ったらすぐに冷蔵庫で冷やします。
表面の飴が固まったら、食べごろです。好きな形に切って食べましょう。

切って食べる理由は、りんごと飴の部分を一緒に味わうことができ、最後まできれいに食べきれることができるからです。

その場で食べてしまうと、どうしても飴から食べてしまうことになり、
りんごがあまりおいしく感じられないこともあります。

切って食べると、りんごのサクサクと飴のパリパリが絶妙過ぎてたまらない美味しさなんですよ。
この美味しさを感じられるのはお持ち帰りだけの特権といってもいいですね。

りんご飴の切り方は?

りんご飴の切り方は芯の部分を避けて、四方を切り落としていきます。
その後で一口サイズに切り分けると食べやすいです。

飴が溶けていると包丁にくっついてしまうので、
飴がパリパリになるまで良く冷やしておくのがポイントです。

りんご飴の上手な食べ方は?のまとめ

りんご飴を買ってすぐに食べる場合は、食べやすいりんご飴を選んで、集中して食べきりましょう。
そうすれば浴衣を汚す心配もないでしょう。

家でゆっくり食べたい人は、大きいものを選び、帰る直前に買うようにしましょう。

冷蔵庫で冷やし固めてから好きな大きさに切って食べましょう。
りんご飴の醍醐味である甘さと酸っぱさを同時に味わうことができます。

夏祭りのシーズンが楽しみですね。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 夏のイベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

隅田川花火大会2015年はいつ?場所取りは何時から?混雑を回避できる?

  スポンサーリンク 毎年100万人近い人が訪れる隅田川花火大会。 夏 …

読書感想文の書き方で低学年への指導方法と上手に書くコツは?

夏休みの宿題で、頭を悩ませる課題の一つが読書感想文ですよね。 スポンサーリンク …

ねぶた祭りの駐車場でおすすめは?観覧席は必要?無しでも見れる?

スポンサーリンク 家族で青森ねぶた祭りを見に行く時には、車での移動が便利ですね。 …

金魚すくい コツ ポイ
金魚すくいのコツ 正しいポイの使い方と良心的な店の見分け方!

スポンサーリンク お祭りの屋台にある金魚すくいのお店で、なんとも上手に金魚をたく …

博多祇園山笠とはどんな祭り?2015年の日程は?見所は?

スポンサーリンク 博多に夏の到来を告げるお祭り「博多祇園山笠」が行われます。 日 …

スーパーボールすくい コツ
スーパーボールすくいのコツを伝授!ポイの正しい使い方は?

スポンサーリンク 夏祭りや縁日などで子供に人気にあるスーパーボールすくい! 金魚 …

七夕の食べ物がそうめんなのはなぜ?元々はお菓子?おすすめレシピは?

スポンサーリンク 七夕の食べ物といえば、そうめんが定番ですが、 なぜ、そうめんが …

夏フェスの暑さ対策におすすめのグッズは?日焼け対策は?雨対策は必要?

  スポンサーリンク 真夏の野外で行う夏フェスでは、熱中症で倒れる人が …

半夏生とは?なぜタコを食べる?食べ物は地域で違う?

スポンサーリンク 半夏生(はんげしょう)とは雑節の一つで、 季節の移り変わりをあ …

うなぎの食べ方でおすすめは?うな重とうな丼とひつまぶしの違いは?

スポンサーリンク 土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣があります。 2015年は …