これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

空中庭園の淀川花火当日のチケットを購入するには予約が必要?

      2016/07/16

14d8197664d0f04bfdea29664662129e_m

大阪の夏の夜を彩る「なにわ淀川花火大会」が今年も開催されます。

花火デートにお薦めの空中庭園展望台には特別入場券が無いと入場できません。
毎年大人気の展望台のチケットの購入方法をまとめました。

スポンサーリンク

空中庭園の淀川花火当日のチケット購入方法は?

2016年の「第28回なにわ淀川花火大会」は
8月6日午後7時50分~8時40分の予定で行われます。

それに合わせて梅田スカイビルの空中庭園展望台では特別営業が実施されます。

花火大会当日は営業時間帯を
①10時~18時30分
②19時~21時
③21時~22時30分

の3部に分け、花火が観覧できる第②部は特別入場券を持っている人しか入れません。

それでは購入方法といきたいところですが、
その前にチケット購入に際し、いくつかの変更点があるので確認しておきましょう。

・特別入場券の価格

800円→1000円に値上がりしました。

これは展望台の通常料金が2016年の7月から値上がりするのに伴い、変更されました。

差額は200円だけですが、800円と1000円ではかなり印象が変わりますね^^;
それでも通常料金と同じ価格で花火も楽しめるという事なので、お得感はあります。

・チケットの購入方法が先着順から予約制に

これは昨年からなのですが、販売方法が予約制に変更されました。

それまでは先着順で数十秒で売り切れたこともあるプラチナチケットでした。
そのため販売開始時には争奪戦が繰り広げられたのですが、
昨年からは期間内に予約すればよくなったので、その点ではゆっくりと構えていられます。

大きな変更点は以上の2点です。
それではチケットの予約方法をみていきましょう。


スポンサーリンク

空中庭園の淀川花火当日の予約方法は?

2016年の淀川花火当日の空中庭園の特別入場券の予約方法が7月上旬に発表されました。

チケットの抽選の受け付けは、7月17日朝10時31日の23時59分まで
「チケットぴあ」の特設サイトで申し込めます。
特設サイトはこちら
icon

結果発表8月2日12時ごろに「チケットぴあ」から申込者全員に当落結果通知メールがおくられます。

また申込状況照会からも確認することが出来ます。
こちらは申込時の受付番号と照会用のパスワードが必要になります。

 

まとめ

大人気の空中庭園の特別入場券。
運よくチケットを購入できた場合には、目の高さで広がる花火を堪能してくださいね。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 夏のイベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

平塚の七夕祭り2015年の日程は?アクセスは?日本一の飾りとは?

 仙台の七夕まつりに倣って始まって以来、 60年以上の歴史がある平塚七夕まつり。 …

大曲の花火
大曲の花火大会は雨天時は中止or延期?雨対策はどうする?

スポンサーリンク 日本三大花火大会の一つ「大曲の花火」が開催されますね。 この花 …

上手な読書感想文の書き方で中学生の文章構成と書き出しのコツは?

スポンサーリンク 夏休みの宿題の読書感想文。 なかなか手が進まないですよね。 ど …

夏フェス初心者には何処がおすすめ?持ち物や服装は?楽しむコツは?

    スポンサーリンク 夏のレジャーとして定着してきた夏フ …

淀川花火の2015年の日程は?チケットの購入方法は?帰りの混雑状況は?

  スポンサーリンク 第27回「なにわ淀川花火大会」 大阪の地元ボラン …

父の日のプレゼント 大学生のおすすめは?サプライズは?

スポンサーリンク もうすぐ父の日ですね。 プレゼントはもう決まりましたか? 離れ …

博多祇園山笠の追い山とは?見学スポットは?山崩しとは?

スポンサーリンク 博多祇園山笠のラストを飾る追い山の魅力を紹介します。 日程や開 …

お盆にお墓参りをするのはなぜ?時期はいつ?服装は?

お盆の時期には、お墓参りに行く習慣があります。 スポンサーリンク 地方や宗派によ …

博多祇園山笠とはどんな祭り?2015年の日程は?見所は?

スポンサーリンク 博多に夏の到来を告げるお祭り「博多祇園山笠」が行われます。 日 …

京都の祇園祭とはどんな祭り?2015年の日程は?見所は?

スポンサーリンク 平安時代から続く、京都の祇園祭。 応仁の乱などで一時中断を余儀 …