これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

ちらし寿司の残りの保存方法と喜ばれるアレンジメニューを紹介!

   

ちらし寿司 残り 保存

おひなまつり、お祝いごとなどで作る機会の多いちらし寿司。
ついつい張り切って作ってしまって食べきれず余ってしまうことがよくありませんか?

ちらし寿司は作ってすぐに食べるとおいしいですが、
時間が経ってしまったものは味が落ちたり、
パサパサして誰も食べないことが多いですよね。

そこで今回は、ちらし寿司を作りすぎてしまった時の残りを
次の日でも美味しく食べることができる保存方法や、
残り物のちらし寿司をアレンジして美味しく食べるメニューの紹介をしていきましょう。

スポンサーリンク

作りすぎたちらし寿司の残りの保存方法は?

足りなかったら困るからと多めに作ってしまい、結局余ってしまうちらし寿司。
次の日に食べればいいと思って、冷蔵庫に入れておくと
固くなって結局食べないままという経験はありませんか?

私はよくやってしまいます^^;
そこで次の日でも美味しく食べられるちらし寿司の残りの保存方法を紹介しましょう。

●常温で保存
冬場であって、お寿司の具に生ものを使ってなければ常温保存も可能です。
ただし部屋の温度が10度以下の場合に限ります。

お寿司の具には新鮮なものを使い、きちんと火を通しておきましょう。

パサつきを防ぐためにすき間のないようにきちんとラップとかけて保存します。
そうすることで次の日でもおいしく食べることができます。

常温での賞味期限は1日が目安です。

 

●冷蔵庫で保存
夏場だったり、家庭によっては、いくら、刺身、サーモンなどのような
生ものをトッピングしてちらし寿司を頂く場合もあると思います。

生ものを使っていると菌が繁殖しやすいので、常温で保存することはやめましょう。
生ものを別のさらによけて、きちんとラップをかけて冷蔵庫で保存します。

冷蔵庫で保存する場合はやはりパサつきが気になります。

お皿のまま保存するのでなく、タッパーなどに入れ替え、
湿らせたキッチンペーパーなどをのせ、蓋をするとことで乾燥を防ぐことができます。

賞味期限の目安は1~2日です。

 

●冷凍で保存
生ものを使ってないものに限り冷凍可能です。

1食分ずつラップに包み、ジッパー袋に入れて保存します。
ラップをする時に空気が入らないように注意しましょう。

賞味期限は2週間ほどですが、
長く冷凍すると味が劣化しますので、なるべく早く食べることをオススメします。


スポンサーリンク

ちらし寿司の残りをアレンジして喜ばれるメニューに!

ちらし寿司 残り アレンジ

我が家では、次の日のちらし寿司は「パサパサしているから」といって、食べてくれないことが多いです。
そのため、いつも家族が好きなメニューにアレンジして食卓に出すようにしています。

我が家のちらし寿司の残り物アレンジメニューをぜひ参考にしてみて下さい。

定番いなりずし
ちらし寿司の残りでも家族が喜ぶ定番いなりずしです。

いつも通りに油揚げでいなりのあげを作ります。
時間のない時などは市販のいなりあげを使ってもいいですね。

ちらし寿司の残りをレンジで少し温め直します。
あげにご飯を詰めればできあがり!!

簡単サラダ巻き
ひと手間加えるだけで、子供が大好きなサラダ巻きに大変身!

巻ずし用海苔と、ツナ、レタス、卵焼きを用意するだけで簡単にできます。

ツナとマヨネーズを合わせておき、卵焼きも焼いておきましょう。

残りのちらし寿司をレンジで温め直して、海苔の上にちらし寿司を敷き、
レタス、ツナ、卵焼きなどをのせて巻いていきます。

お好みでカニカマなども入れてもおいしいですね。

 

ちらし寿司の残りの保存方法は?のまとめ

残ってしまったちらし寿司は、常温保存、冷蔵保存、冷凍保存が可能です。
トッピングや気温によっては常温保存できないので注意しましょう。

また保存できるといっても味が落ちたり、パサつきますので、
なるべく早めに食べきるように工夫しましょう。

残ったものでもリメイクして家族の好きなメニューにすれば、
喜んで食べてくれますよ^^

 

 

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 春のイベント , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

こどもの日に柏餅やちまきを食べるのはなぜ?由来は?

5月5日はこどもの日、端午の節句です。 スポンサーリンク こどもの日には、「柏餅 …

雛人形 買い替え
雛人形は買い替えてはいけない?処分の仕方や時期は?

雛人形は子供が小さいときに買うのが一般的ですね。 子供が成長すると、 雛人形もか …

入園式 ママ アクセサリー
入園式のママのアクセサリーのマナー!パール以外で付けても良いのは?

入園式などのお祝いの日は、 子供の成長を感じる事ができ、思い出に残る大切な日です …

父の日 何をあげればいい
父の日は何をあげればいい?プレゼントは安いものでも大丈夫!

母の日の1か月後には「父の日」がやってきます。 スポンサーリンク いつも頑張って …

幼稚園 入園式 赤ちゃん
幼稚園の入園式は赤ちゃん連れでも大丈夫?ママの服装やバッグは?

スポンサーリンク 入園式や入学式には、赤ちゃん連れで参加する人も多いと思います。 …

ひな祭りでちらし寿司の他には何を食べる?子供が喜ぶ料理は?

スポンサーリンク ひな祭りの定番メニューといえば、ちらし寿司ですね。 子供の幸せ …

父の日 プレゼント 中学生
父の日のプレゼントで中学生にお薦めの低予算の贈り物は?

スポンサーリンク 6月には父の日がありますが、毎年何をプレゼントしようかと頭を悩 …

入学祝い お返し 必要
入学祝いのお返しは必要?お返しする時期や相場などのマナーは?

スポンサーリンク 小学校、中学校、高校などの入学前になるとお子さんに入学祝いを頂 …

卒園式 服装 母親 礼服
卒園式の時の服装マナーは?母親のストッキングの色で好ましいのは?

スポンサーリンク 幼稚園生活での最後の行事である卒園式は、 子供はもちろんのこと …

鯉のぼり 洗い方
鯉のぼりのしまい方!洗い方のポイントとシワにならないたたみ方は?

  スポンサーリンク 端午の節句に元気よく泳いでいる鯉のぼり。 昔はよ …