これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

車の静電気がひどい理由は?バチッを防ぐ対策と除去グッズを紹介!

   

車 静電気 ひどい

冬の乾燥した季節になるといきなり襲ってくる「静電気」に悩まされている人も多いと思います。
特に車から降りた時のドアを閉める時は「バチッ!とくるかも」と怖くなりますよね。

私だけの思い込みかもしれませんが、車の静電気は特にひどいように感じます。
車から降りたはいいけど、どうやってドアを閉めようか悩んでしまいます。

そこで今回は車の静電気の原因バチッとならない対策便利グッズなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

車の静電気が特にひどい理由は?

静電気は洋服の繊維同士の摩擦やシートとの摩擦などで起こります。
また冬場の乾燥した時期は特に帯電しやすくなるので静電気でバチッとなる事が多くなります。

いろいろな場所で発生する静電気ですが、私は車の静電気が一番痛いと感じます

静電気はシートに座ったときから発生していて、
運転中はシートと洋服の摩擦によってどんどん帯電していきます。

さらには車から降りる際、体とシートが離れる時にも静電気が発生します。
これは剥離帯電(はくりたいでん)と呼びます。

摩擦でこすれる時だけでなく、接触していたものが離れる時にも静電気は発生するんですね。

フリースの服を脱ぐときにバチバチとなる事がありますが、
あれが剥離帯電です。

運転中から帯電していき、車から降りる際に剥離帯電でさらに帯電するので
体には静電気がたっぷりと溜っている状態になります。

この状態でドアノブを触ってしまうと一気に電気が流れるため、
指先にバチッと衝撃が走るのです。

これがいつもの静電気の痛みとは違う、車の静電気の起こる仕組みです。

 

車の静電気対策!バチッとくるのを防ぐには?

ここからは車の乗り降りの時にできる簡単な静電気除去対策を紹介していきましょう。
手軽で簡単なものなので今日からぜひ実践してみて下さいね。

[車に乗る前の対策]

車に乗る時には、カギ部分などの「金属」を最初に触ってからドアノブを触る。

また別の方法として、車のガラスに手のひらをつけてからドアノブを触る。

どちらの方法も、体に溜っている静電気を逃がす事で
バチッとなるのを軽減します。

[車を降りるときの対策]

車を降りるときはシートに座った状態で、

ドアを開ける

ドアの金属部分を持ちながら降りる

そのままドアを閉める

こうすることで、すでに溜っていた静電気や
シートから離れる際に剥離帯電で発生した静電気を逃がすことが出来ます。

この方法では降りる時にドアをしっかりと持つことになりますが、
これも指先だけで触れる時よりも静電気の痛みを軽減させることにつながります。


スポンサーリンク

車の静電気を除去するおススメグッズを紹介!

車 静電気 対策

静電気防止グッズはいろいろな種類がありますが、どのような物が効果的なのでしょうか?
人気のあるグッズをいくつか紹介します。

キーホルダータイプ
ポイントは、何かに触れる前に静電気防止対策を施したキーホルダーを触ることです。
静電気が放電できたらサインで知らせてくれる機能のあるものが人気になっています。

空気が特に乾燥しているなど、静電気が起きそうなときには
事前に体に溜まった静電気を放電させることができます。

その時に「今、体から静電気が放電された!」とサインで分かるのが人気の高い理由です。

便利であると共に安心感も得られますね。

ブレスレット・腕輪タイプ
完全に静電気が取れるわけではないですが、かなり静電気を軽減することができます。

私は静電気の怖いシーズンになるとブレスレットをしています。
最近はかわいいものも多くなっていますよ。

静電気対策ブレスレットの仕組みは、ブレスレットが電気を通しやすい素材で出来ているため
体に溜った静電気を空気中に放電しやすくさせます。

そのためブレスレットは服の上からではなく、
肌に直接触れるようにつけることがポイントです。

シール式ボディーアース
ドアに除去シールを貼っておいて、乗り降りする時にそれに触って放電させるシールです。

セルフ式のガソリンスタンドで静電気除去のためにタッチするのと同じですね。

静電気除去スプレー
車のシートや洋服にスプレーするだけで静電気の発生を抑えることができます。

こちらは以前の記事で紹介した柔軟剤スプレーのように、
摩擦を減らして静電気の発生を防ぐのが狙いです。

静電気の発生を減らすには、摩擦する素材同士の組み合わせでも変わってくるので、
車のシートカバーを変えるのも一つの方法です。

 

車の静電気がひどい理由は?のまとめ

いくつか車の静電気の除去対策を紹介しましたが、
私が試して一番効果を感じたのは、降りる時に車体の金属部分に触れながら降りる方法です。

乾燥が気になる季節だけ対策をするのではなく、
普段からこのように降りる習慣をつけておけば静電気の不意打ちに合うことはないでしょう。

静電気除去対策やグッズを上手く使って快適なドライブを楽しんで下さいね。

 

【関連記事】
お家に簡単に作れる柔軟剤スプレーとは?

 

 

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

東京駅のお土産でおすすめは?営業時間は?新幹線改札内でも買える?

スポンサーリンク 東京駅にはお土産店がたくさんあります。 たくさんあり過ぎて、ど …

枚岡神社 厄除け 服装
枚岡神社の厄除けの時間と服装、気になる料金を現地の写真付きで紹介!

スポンサーリンク 先週の日曜日、厄払いに枚岡神社に行ってきました。 今回は後厄。 …

帯状疱疹 ストレス
帯状疱疹はストレスが原因?予防に有効なワクチンの費用はどれくらい?

以前の私の友人のお母さんが 「帯状疱疹になってとても辛かった。」 「痛みの期間が …

no image
くせ毛の人はショートは無理?パーマは必要?毎朝のセットは?

晴れた日は大丈夫でも、ちょっと雨が降るとぼさぼさに・・・ 梅雨の時期は憂鬱になり …

お彼岸とお盆の違いは?お墓参りをする理由は?おはぎを供える理由は?

スポンサーリンク お彼岸とお盆の違いを知っていますか? お彼岸の場合は、「おはぎ …

車の暑さ対策でチャイルドシートはどうしてる?窓やフロントガラスは?

スポンサーリンク 夏の暑い時期、駐車場にとめている車の中は かなりの高温になって …

スタッドレスタイヤを長持ちさせる保管方法とは?

スポンサーリンク 雪の少ない地域では、スタッドレスタイヤを履くのは年間で3~4ヵ …

犬の夏バテ対策で食事が大切な理由は?症状別のエサの与え方は?

犬は全身が毛で覆われていることもあり、暑さには弱い生き物です。 高温多湿の環境で …

蜂に刺された時の応急処置は?アナフィラキシーショックの症状と対策は?

スポンサーリンク 8月から10月にかけては、蜂による被害が多くなります。 最近で …

ノロウイルス 感染予防 家庭
ノロウイルスの感染予防対策!家庭でできる簡単な対処法は?

スポンサーリンク ノロウイルスによる胃腸炎といえば、嘔吐や激しい下痢を伴う症状が …