これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

初盆のご仏前 金額の相場はいくら?祖母?親兄弟?友人の場合は?

      2016/07/22

083343

初盆の供養に招かれたときに用意するご仏前
金額はいくら包めばいいのか悩みますよね。

故人との関係や住んでいる地域によって違いがありますが、
だいたいの目安となる金額の相場をまとめました。

【関連記事】
初盆・新盆での服装のマナーは?
お盆に義実家に帰省するときに必要なものとは?

スポンサーリンク

初盆のご仏前 金額の相場はいくら?

初盆に招かれたときのご仏前

この金額の相場は住んでいる地域や故人との関係によって大きく変わってきます。
だいたいの目安としては5000円~1万円ぐらいが相場になっています。

それにプラスして法要の後にお食事会がある場合には、その分を考慮した金額になります。

基本的に付き合いが深いほど金額が高くなっていく御仏前。
故人との関係別に詳しくみていきましょう。

 

初盆のご仏前の金額 祖母の場合は?

祖父祖母の初盆の場合、普段からの付き合いの程度にも依りますが1万円以上が目安です。

葬儀の時などは「孫一同」で花やお供えをすることがありますが、
初盆ではそのような事はありません。

御仏前とは別で、日持ちするお菓子などのお供えは用意したほうが良いでしょう。


スポンサーリンク

初盆の御仏前の金額 親や兄弟の場合は?

親や兄弟など近親者の初盆の場合、ご仏前の金額は1万~3万ぐらいが相場です。

さらに初盆に使用する盆提灯も親族が贈る風習があります。
盆提灯というのは、亡くなった方の霊が迷わずに帰ってこれるように目印として飾るものです。

しかし最近では住宅事情により盆提灯を飾らないこともあります。
また他の方と提灯が重複するのを避けるために「提灯代」としてお金を包むほうが良い場合もあります。

事前に施主の都合を確認したうえで、「提灯」を用意するのか「お金」を包むのか決めるようにしましょう。

 

初盆の御仏前の金額 友人の場合は?

友人や知人、またその親が亡くなられた場合の御仏前は3000円~5000円が相場です。
特に仲がよかった場合やお世話になった方の場合は1万円包むこともあります。

他の場合と同様に、ご仏前とは別に2000円~3000円のお供え物も持参するようにしましょう。

 

まとめ

故人との関係別に初盆での御仏前の金額を紹介してきましたが、
この金額の相場はあくまでも目安です。

お盆の行事は地域によって慣習が全く異なります。
目安となる金額を参考に、最終的には年長者の意見を聞くことをお薦めします。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 夏のイベント ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

天神祭の日程は2015はいつ?見どころは?電車での行き方は?

スポンサーリンク 日本三大祭りの一つである大阪の「天神祭」が近づきてきました。 …

七夕の食べ物がそうめんなのはなぜ?元々はお菓子?おすすめレシピは?

スポンサーリンク 七夕の食べ物といえば、そうめんが定番ですが、 なぜ、そうめんが …

横浜開港祭の花火大会 2015年の日程は?混雑状況は?おすすめスポットは?

スポンサーリンク 横浜開港祭花火大会(ビームスペクタクルinハーバー)は関東では …

お盆に旦那の実家に帰省する時の手土産は?お供えは?御仏前は必要?

スポンサーリンク お盆の時期には、実家へ帰省するという方も多いと思います。 この …

夏フェス初心者には何処がおすすめ?持ち物や服装は?楽しむコツは?

    スポンサーリンク 夏のレジャーとして定着してきた夏フ …

ねぶた祭りにハネトとして参加するには?衣装の値段は?レンタル出来る?

スポンサーリンク 青森ねぶた祭では、条件を満たせば「ハネト」としてお祭りに参加す …

博多祇園山笠とはどんな祭り?2015年の日程は?見所は?

スポンサーリンク 博多に夏の到来を告げるお祭り「博多祇園山笠」が行われます。 日 …

空中庭園から見る淀川花火 チケットの予約方法は?

スポンサーリンク 淀川花火大会を空中庭園から楽しむには、先行発売されるチケットが …

ねぶた祭りの駐車場でおすすめは?観覧席は必要?無しでも見れる?

スポンサーリンク 家族で青森ねぶた祭りを見に行く時には、車での移動が便利ですね。 …

夏休みの宿題の読書感想文の書き方のコツは?上手な書き出しは?

スポンサーリンク 夏休みの宿題で、いつも最後まで残ってしまう読書感想文。 本は読 …