これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

早生まれとは何?4月1日で分かれる理由は?メリット、デメリットは?

   

1月から3月生まれの人を指す言葉・・・

1年の初めに生まれているから早生まれ?
同じ学年の中では遅く生まれているので遅生まれ?

イマイチよく解らない早生まれ、遅生まれについて紹介します。

スポンサードリンク

早生まれとはどういう意味?

一般的には1月1日から4月1日までに生まれた人を早生まれと呼びます
1年の初めの方に生まれて、学年も一つ上になるからだそうです。

そして4月2日から12月31日に生まれた人は遅生まれと呼びます。

 

4月1日が早生まれの理由は?

4月1日生まれは、なぜ早生まれになるのでしょうか。
それは、小学校入学に関する法律と、年齢に関する法律によって定められています。

まず入学の時期については満6歳になってから初めて迎える4月1日と決められています。
そして年齢については、誕生日の前日が終了する瞬間に1つ年を取ると決められています。

そのため、4月1日生まれの人が満6歳の誕生日を迎える場合、
誕生日前日の3月31日が終わる瞬間に満6歳になるので、翌日の4月1日には入学となります

 

早生まれのメリット、デメリットは?

一般的に早生まれの場合、同学年の子供と比べると
最大で1年近く成長が遅れることになるので不利だといわれます。

スポンサードリンク

そこで実際のところはどうなのかを調べました。

まずメリットとしては、同学年の友人よりも若くいられるという事があります。
特に女性の場合は大きくなってくると友人よりも1歳若いというのは、嬉しい事です。

他にも60歳の誕生日で定年を迎える会社の場合、早生まれの人は他の人よりも長く働くことが出来ます。
最大で1年間長く働くことが出来るので、金額にすると結構な額になります。

デメリットとしては、小さいうちは成長具合に差があるという事です。

特に乳幼児の場合は最大1年の差は大きいので、
他の子供が出来ることが、なかなかできないので親は焦ってしまうようです

しかし、そのような差も小学校低学年になると殆どなくなり
気にしているのは親だけで、本人は全く気にしていないという事が多いようです。

大きくなってからは、車の免許を取るのが遅くなるという悩みがあるそうです。

 

まとめ

早生まれとは、1月1日から4月1日までに生まれた人の事で、
前の年に生まれた人と同じ学年になります。

4月1日生まれが、1つ上の学年になるのは
入学時期に関する法律と、年齢に関する法律で決められています。

早生まれのメリット、デメリットについては、
個人によって違いがありますが、子供のうちは最大1年の差は大きくデメリットもあるようですが
大人になってからはメリットの方が多いようです。

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

暑さ対策で窓にフィルムやすだれを掛ける事は効果があるの?

スポンサードリンク 夏の暑い時期、閉め切った部屋の中はとても暑くなります。 特に …

防災用の非常食でおいしいのは?何を用意すればいい?何日分必要?

スポンサードリンク 防災意識の高まりもあり、非常食を備蓄している方が増えているそ …

お薬手帳を忘れると損?持参で安くなる理由は?窓口負担減はいくら?

スポンサードリンク 2年ごとに改定される診療(調剤)報酬制度。 2016年の4月 …

蜂に刺された時の応急処置は?アナフィラキシーショックの症状と対策は?

スポンサードリンク 8月から10月にかけては、蜂による被害が多くなります。 最近 …

喪中はがきの範囲はどこまで?出す時期と出す相手は?

スポンサードリンク 喪中はがきは、身内に不幸があった時に 「新年のあいさつを遠慮 …

喪中はがきの差出人は夫婦連名?故人との続柄と文面は?

  喪中はがきの書き方を紹介します。 スポンサードリンク 特に妻側の親 …

お彼岸とお盆の違いは?お墓参りをする理由は?おはぎを供える理由は?

スポンサードリンク お彼岸とお盆の違いを知っていますか? お彼岸の場合は、「おは …

お年玉年賀はがき 未使用が当選したら?書き損じの場合は?引き換え方法と期限は?

スポンサードリンク 多めに用意したお年玉年賀はがきが未使用のまま余ってしまう事や …

東京から大阪まで最も安く行くには?夜行バスで格安は?女性専用は?

スポンサードリンク 東京から大阪までの移動手段としては、バス、電車、新幹線、飛行 …

猫の冬場の静電気を防ぐには?発生原因と対策法は?

スポンサードリンク 冬場に猫と遊んでいて、静電気でバチッと来たことはありませんか …