これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

お年玉の相場 甥や姪はいくら?年齢別に紹介します!

   

106667

子供のころはお正月の一番の楽しみだったお年玉
大人になり、今度は渡す立場に。

へのお年玉の金額について、いまどきの相場はどうなっているのか紹介します。

スポンサーリンク

お年玉の相場 甥や姪はいくら?

子供のころ、お正月の楽しみといえばお年玉でした。
親戚が大勢集まるときなど、ワクワクしていたものです。

大人になって甥や姪にお年玉を渡す立場になると、これが結構キツイ・・・

最近では少子化の影響なのか子供の数は減っていますが
その分、一人当たりの単価が高騰しているようです

今時のお年玉相場年齢別に分けて紹介します。

 

お年玉の相場を年齢別に紹介!

今時のお年玉の相場を幼児、小学生、中学生、高校生、大学生に分けて紹介します。

まずは幼児です。

子供に直接渡す場合には、1000円~2000円が相場になります。

お金の価値が分からない事もあるので、
お札ではなく、硬貨で渡す方が喜ばれる場合もあります。

また幼児の場合は、お金ではなく物をプレゼントすることもあります。
年齢に合わせた絵本おもちゃお菓子の詰め合わせなどお金以上に喜ばれます。


スポンサーリンク

次は小学生です。

学年に関係なく一律で決めている場合もあれば、
年齢×500円学年×1000円など、不公平感が無いルールを決めている場合もあります。

ただ平均すると低学年2000円~3000円高学年3000円~5000円ぐらいになっています。

 
次は中学生高校生大学生の相場です。

中学生は5000円ぐらい、高校生は5000円~1万円が相場になっています。

大学生の場合は、相場はいくらか?という前に、お年玉を渡すかどうかも分かれてきます。
お年玉は「高校生まで」という方や「20歳まで」、「卒業するまで」など色々です。

金額については1万円ぐらいが相場になっています。

 

まとめ

紹介したお年玉の相場は、あくまでも目安です。
それぞれの環境によっても大きく変わってくるので、そちらを優先させてください。

ちなみに我が家の場合では、親同士の取り決めで
甥や姪のお年玉の金額を決めています。

小学生3000円、中学生以上5000円と決めています。
幼児には絵本や服、おもちゃなどを渡しています。

このように決めてしまうと、毎年悩むことが無くなるのでおススメです。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

0570 ナビダイヤルとは
0570ナビダイヤルとは何?通話料が高い?料金はいつから発生するの?

スポンサーリンク 企業のコールセンターなどの電話番号に使われている0570から始 …

エアコンの掃除で臭いにおいは取れる?方法は?業者の選び方は?

スポンサーリンク エアコンをつけた時にでる嫌な臭い。 本体の内部に溜ったほこりや …

高速バス 子供 何歳から
高速バスの子供連れでの利用は何歳から?バス会社に聞いた回答は・・・

子供を連れての里帰りは、とても大変です。 スポンサーリンク 乗り換えの多い場合だ …

防災用の非常食でおいしいのは?何を用意すればいい?何日分必要?

スポンサーリンク 防災意識の高まりもあり、非常食を備蓄している方が増えているそう …

お彼岸とお盆の違いは?お墓参りをする理由は?おはぎを供える理由は?

スポンサーリンク お彼岸とお盆の違いを知っていますか? お彼岸の場合は、「おはぎ …

職場 飲み会 店選び
職場の飲み会での店選びのコツは?私の幹事での失敗談も紹介します!

スポンサーリンク 若手社会人のうちは職場の飲み会の幹事を任されることも多いですよ …

毛虫 駆除 時期
毛虫の駆除方法や時期はいつ?毛虫を寄せつけない対策は?

スポンサーリンク 大切にしている花が一気に成長して、開花まであと少しというのに、 …

新幹線 ベビーカー どこに置く
新幹線でベビーカーはどこに置く?座席予約時に知っておきたいこと!

小さな子供を連れての新幹線での移動。 スポンサーリンク 抱っこばかりしているのも …

コーヒー カフェイン中毒 症状
コーヒーによるカフェイン中毒の症状とは?1日に何杯までOK?

あなたは1日にどれくらいコーヒーを飲んでいますか? スポンサーリンク ちょっと疲 …

落雷から身を守るにはどうする?木の下は危険?安全な場所は?

スポンサーリンク 夏になると増えてくるのが雷による事故です。 日本では夏の間に観 …