これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

スタッドレスタイヤを長持ちさせる保管方法とは?

   

151344

雪の少ない地域では、スタッドレスタイヤを履くのは年間で3~4ヵ月ぐらいです。

そうなると溝が減る前に、劣化による寿命がきてしまいます。

スタッドレスタイヤを少しでも長持ちさせるにはどうすればいいか、
走行時の注意点と夏場の保管方法を紹介します。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤを長持ちさせるには?

スタッドレスタイヤの寿命は、溝の減り具合ゴムの硬さで決まります。

まずはエコ運転を心がけましょう。
急加速、急ブレーキ、急ハンドルはタイヤの摩耗につながります。

次は夏場の保管方法です。
使っていない時の保管の仕方次第で、タイヤの劣化具合は大きく変わってきます。

特に雪の多い地域でなければ、溝が減る前にタイヤが硬くなることで寿命を迎えてしまいます。

そう考えると、スタッドレスタイヤを長持ちさせるには
夏場の保管方法が最も重要になってきます。

 

スタッドレスタイヤを長持ちさせる保管方法とは?

スタッドレスタイヤを長持ちさせる保管方法を紹介します。

・外したタイヤには凍結防止剤などが付着しているので、しっかりと水で洗い汚れを落とす
・空気圧を半分くらいに落とす(変形を防止するためにも全部抜かない)
・大きなビニール袋やラップでタイヤのゴムの部分を包む
・直射日光を避け、風通しの良い涼しい場所に保管する


スポンサーリンク

スタッドレスタイヤのつけっぱなしの危険性は?

スタッドレスタイヤは通常は冬に使うものですが、
春になっても交換せず、そのまま夏用として使う方もいるようです。

スタッドレスとしては寿命だけど、溝は減っていないのでもったいない
買い替えのタイミングなので、このまま履きつぶそう

理由はさまざまですが、つけっぱなしにしている方は結構いるようです。

しかし夏場にスタッドレスタイヤを使う事には、いくつかの危険性があります。

スタッドレスタイヤは冬のアイスバーン対策に作られたタイヤです。

そのため低温でも硬くならないような特殊なゴムを使っています。
また太い溝が入っているのも特徴です。

それらの特徴の為、夏タイヤに比べブレーキの効きが悪くなり制動距離が長くなってしまいます。
また耐ハイドロプレーニング性能が低下する危険性もあります。

他にもハンドリング性能の低下燃費も悪くなるといわれています。

もし夏タイヤとして利用する場合には、それらの危険性を考慮して運転するようにしましょう。
特に雨の日は滑りやすくなるので、注意しましょう。

 

まとめ

スタッドレスタイヤを長持ちさせる秘訣は、夏場の保管方法にあります。

少し手間がかかりますが、出来るだけ劣化を防ぎ
性能を十分に発揮できる状態で使用しましょう。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

落雷から身を守るにはどうする?木の下は危険?安全な場所は?

スポンサーリンク 夏になると増えてくるのが雷による事故です。 日本では夏の間に観 …

暑さ対策で窓にフィルムやすだれを掛ける事は効果があるの?

スポンサーリンク 夏の暑い時期、閉め切った部屋の中はとても暑くなります。 特に家 …

喪中はがきの範囲はどこまで?出す時期と出す相手は?

スポンサーリンク 喪中はがきは、身内に不幸があった時に 「新年のあいさつを遠慮し …

結婚式の礼服が入らない!?男性用のレンタルはある?家から着ていく?

スポンサーリンク 結婚式で着ようと思った礼服が入らない・・・ こんな経験はありま …

日銀のマイナス金利は効果なし?導入する目的と住宅ローンへの影響は?

スポンサーリンク 日銀が発表したマイナス金利政策。 日本では初めての導入なので、 …

半身浴で痩せるというのはウソ?どんな効果がある?汗をかくコツは?

スポンサーリンク ダイエットに効果があるといわれる半身浴。 意外と知られていない …

タラバガニとズワイガニの見分け方は?足の数が違う?

冬の味覚の王道といえば・・・カニですね。 スポンサーリンク カニ刺し、焼きガニ、 …

スタッドレスタイヤの寿命の見分け方は?溝と硬さが重要?

スポンサーリンク 冬の時期しか使わないスタッドレスタイヤ。 雪の少ない地域では、 …

ワイドfmとは何?なぜ必要なの?聴くには何が必要?

スポンサーリンク 日本全国で、続々とスタートしているワイドFM。 AM放送を補完 …

いつから フルタイム
子供が小さい場合はいつからフルタイムで働ける?小学生の夏休みはどうする?

子供がある程度大きくなるとフルタイムで働きたいと思っているママさんも多いです。 …