これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

セーターのパチパチを防ぐには?静電気の発生原因と帯電させない方法!

   

セーター パチパチ

これから寒さが一層厳しくなりますが、
セーターは保温性があって温かく、冬のファッションには欠かせない存在です。

しかし、脱ぎ着の際にパチパチと静電気が気になる事もありますね。

そこで今回はセーターがパチパチするのを防ぐ為に
静電気の発生原因と対策を紹介します。

スポンサーリンク

セーターの静電気の発生原因は素材の組み合わせで決まる!

セーターを着た時にパチパチするのは静電気が原因です。
このパチパチを防ぐには出来るだけ静電気を発生させない事が重要です。

そもそも静電気は、着ている衣類の繊維同士の摩擦で発生します。

衣類には素材によって「プラスの電気」に帯電しやすいものと
「マイナスの電気」に帯電しやすいものがあります。

帯電しやすい性質が同じであれば、摩擦が起こっても静電気はあまり発生しません。

つまりプラスの属性同士、またはマイナスの属性同士の衣服を組み合わせれば
静電気が起きにくくなります。

逆に静電気が発生しやすいのは、
プラスとマイナスの異なる属性の物を組み合わせたときです。

衣類はいろいろな素材からできていますので、
できるだけ静電気が起きにくい組み合わせを選ぶことが静電気対策になります。

 

■プラスに帯電しやすい素材

ナイロン
ウール
羊毛
毛皮

■マイナスに帯電しやすい素材 

ポリエステル
アクリル
塩化ビニル

セーターの多くはウール素材でプラスの電気を持っています。

そのため、セーターの下にマイナス電気を持つ素材の服を着ると静電気が起こる原因となります。
バチッ!!というやつですね。

たとえば、ポリエステルやアクリルなどはマイナスなので、セーターにこれらを合わせる静電気が起こります。

また、寒い冬に欠かせないフリースですが、
これはマイナスの電気を持つため、ウールセーターとの組み合わせはNGです。

逆に、綿や毛皮、ナイロンなどの素材はプラスなので、重ね着しても静電気はあまり起きません。

静電気が起こりやすい、起こりにくいというのは、セーターと組み合わせる服との相性によるんですね。

セーターはプラスに帯電しやすいので、同じプラスに帯電しやすい素材の服を選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク

セーターのパチパチ対策は静電気を上手に逃がす事がポイント!

セーター 静電気 素材

セーターのパチパチを防ぐ2つ目の対策は静電気を逃がして溜めない事です。

先ほどの章では衣服の素材を意識することで、静電気の発生を抑える方法を紹介しましたが、
この章では静電気を帯電させない為の方法を紹介します。

柔軟剤の使用
まずは、セーターを洗濯する際には柔軟剤を使用することです。
柔軟剤は衣類を摩擦から守って、滑りをよくしてくれるので効果があります。

洗濯の際に柔軟剤を入れるだけなので、簡単にできますね。

静電気防止スプレーの使用
その他には、洋服を着る前に「エレガード」などの防止スプレーをかけておくとよいでしょう。
その場で効果を得ることができます。

また静電気防止スプレーはお家で簡単に自作することも出来ます!

衣類の組み合わせを考える
静電気の防止法としては、前述したように衣類の組み合わせを考慮することです。
ウールセーターを着ているのであればインナーにはシルクなどを着ることが有効ですね。

体から静電気を上手に逃がすことで帯電を防ぐ!

次に発生した静電気を上手に逃がすことでもパチパチを防ぐことが出来ます。

静電気のバチッを防ぐには帯電しない事も大切ですが、
溜まってしまった静電気を上手く逃がしてやることも重要です。

ここでは体に溜った静電気の逃がし方を紹介します。

保湿する
静電気を逃がすには保湿が効果的です。

水は電気を通します。
湿度を上げることで肌も潤い溜った電気が空気中に逃げやすくなります。

冬場は乾燥しやすいので、保湿を特に意識しましょう。

ものに触って電気を逃がす
コンクリートや木、革製品などに触れることで体の静電気を逃がすことが出来ます。
しかも電気がゆっくりと流れていくので、痛みを感じる事もありません。

市販されている静電気対策グッズなどの使用もおススメです。

ドアノブなどは手のひらで触る
出来るだけ静電気を逃がしたら、ドアノブなどを触るときに手のひら全体で触るようにします。

バチッとくるときは大抵、指先で触った時です。

体に残っている静電気が指先から一気に流れるためバチッとなります。
しかし手のひらなどの広い面で触るようにすると、バチッが軽減されます。

 

セーターのパチパチを防ぐ方法は?のまとめ

静電気のバチッは痛くて不快なものですね。

紹介した2つの静電気対策
・出来るだけ静電気を発生させない
・静電気を上手に逃がして帯電させない

これらの方法を、ぜひ試してみて下さいね。

冬だから仕方ないと諦めないで、ちょっとした工夫次第で快適に過ごすことができますよ。

 

 

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

部屋 乾燥 原因
冬場に部屋が乾燥する原因はコレ!家で簡単に出来る加湿方法は?

スポンサーリンク だんだんと寒さを感じる季節になりました。 毎日エアコンで暖房を …

夏バテは水の飲みすぎが原因?ミネラル不足?上手な水分補給の方法は?

スポンサーリンク 暑くなって汗をかくようになると、水分補給が必要になります。 特 …

スタッドレスタイヤを長持ちさせる保管方法とは?

スポンサーリンク 雪の少ない地域では、スタッドレスタイヤを履くのは年間で3~4ヵ …

枚岡神社 駐車場
枚岡神社の駐車場の混雑状況と料金は?車でのアクセス方法も紹介!

スポンサーリンク 初詣や秋祭り、お宮参りに厄除けの祈祷など 大勢の人が訪れる東大 …

結婚式の招待状の返信で夫婦連名での書き方は?片方が欠席の時は?ご祝儀はどうする?

スポンサーリンク 結婚式の招待状の返信マナーは大丈夫ですか? 夫婦連名で招待され …

マイナンバー制度とは?導入スケジュールは?メリットとデメリットは?

ニュースなどでよく取り上げられているマイナンバー制度とは、どういうものか知ってい …

洗濯物の部屋干しの臭いの原因は?生乾き臭の対策と消す方法は?

スポンサーリンク しっかりと乾かしているのに、生乾きの臭いがする。 干して乾いた …

日銀のマイナス金利は効果なし?導入する目的と住宅ローンへの影響は?

スポンサーリンク 日銀が発表したマイナス金利政策。 日本では初めての導入なので、 …

学校が休みになる警報
学校が休みになる警報の種類は?登校後に発令した時どうする?

大雨が予想される梅雨時期や台風が接近しているときなどは警報が発令される場合が多い …

落雷から身を守るにはどうする?木の下は危険?安全な場所は?

スポンサーリンク 夏になると増えてくるのが雷による事故です。 日本では夏の間に観 …