これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

子育てで特に辛い時期3選!育児経験者が語る成長段階別の大変さとは?

   

子育て 辛い 時期

おなかの中で10月10日。待望の赤ちゃんに会えた喜びもつかの間…
生まれてきた瞬間から大変な子育てが待っていました。
息子を出産して2年になろうとする今、これまでの育児を振り返り、特に辛かった3つの時期を紹介します。

スポンサードリンク

子育てで一番辛い時期は最初の2か月!

赤ちゃんの成長段階それそれで辛いことはたくさんありますが、
その中でも一番辛かった時期は新生児の最初の2ヶ月です。

子育てに慣れていないことはもちろんですが、とにかく辛いことが多かったです!

1. 出産で体が疲れている
とにかく体が回復していない中、3時間おきの授乳にオムツ替えに抱っこ…しんどくなります。お尻も痛かった~。

2. 毎回の授乳が辛い
母乳育児の場合は授乳のたびに乳首が痛い!しかも激痛!
ミルク育児の場合は毎回哺乳瓶の洗浄、ミルクを冷ますなど手間がかかる!
私の場合は混合育児だったのでダブルで辛かったです!

3. 夜寝れない
「新生児の辞書に夜という文字はない」というくらいに夜寝てくれません。
ひどい時は早朝4時過ぎまで寝てくれませんでした。
今日は何時に寝てくれるんだろうと考える日々でした。
眠気覚ましのコーヒーもカフェインが入っているので我慢。
正直眠くても寝れないのが一番辛かったかもしれません。

4. 首が座っていない
首が座っていないので抱っこも横抱き。沐浴も大変。
まだ軽いとはいえ手首が腱鞘炎になりそうなくらい痛くなりました。

5. 乳児脂漏性湿疹
顔が真っ赤になり、アトピーじゃないかと心配になりました。
爪で顔を引っかくのでミトンを買いましたが、すぐに脱げて効果なし。
顔は傷だらけ。保湿などのケアが大変でした。

里帰りしていたので、しんどい時は親に頼っていました~

 

赤ちゃんの断乳が辛い!ピークは3日目

最初の2ヶ月をこえたら夜まとまって寝てくれるようになり、だいぶ楽になりました。

しかし、またしても大変な時期が!!
それは行動範囲が広がった時…ではなく断乳の時でした。
抗生剤を飲まなくてはいけなくなり、急きょ断乳せざるを得ませんでした。

1. おっぱいが張って痛い
まだ母乳がよく出る時だったので、限界までおっぱいが張って痛くても飲ませられないし絞れない!
断乳3日目までがピークでした。「断乳は第二の出産」と言われるのも分かります!

さらに追いうちをかけるように「抱っこ」攻撃!
ぱんぱんに張っている状態での抱っこは拷問に近いです。

その分、断乳が終わった時の解放感といったらもう最高でした。
でも妊娠前よりもカップが減ったような!?

2. 夜泣き
今まではおっぱいで寝かしつけ、夜中も2回くらい授乳していたのが、突然あげなくなったので当然大泣き。
愛しいわが子が泣く姿に心が痛みましたが、徐々に納得して卒乳していく姿に成長を感じ、嬉しく思いました。

冷却シートを貼って、「もうママおっぱい出なくなっちゃったの」と言って納得させつつ痛みも和らげていました。


スポンサードリンク

 

イヤイヤ期は成長の証?

子育て イヤイヤ期

3番目はなんといっても・・・
そうです。イヤイヤ期!

息子は言葉も早かったので、「イヤ」とはっきり言えたのが1歳7ヶ月くらいでした。

とにかく何をしても「イヤ!」「ヤダ!」「イヤだ!」を連発。
体は反り返るし。力も強いのでなかなか力技で抱っこも通用しません。

こうなったらほとんどこちらの思い通りになることはありません。

感情的に怒ってしまうこともよくありますが、
なるべく冷静に「○○がイヤなの」とオウム返ししながら聞いてあげるようにしました。

 

子育ては辛いことばかりじゃない!

辛いことが多い子育てですが、総合的に見たらやっぱり喜びのほうが多いです。

わが子がニコッと笑ってくれた時、初めて「ママ」と呼んでくれた時、
あげたおもちゃを喜んでくれた時、出来なかったことが出来るようになった時など、親として本当に嬉しい瞬間です。

動いて行動範囲が広がればいたずらも増えるし、危ないことだらけ。
それでもその成長がまた喜ばしく感じるものです。

特に赤ちゃんの時は成長が早くどんどん顔も変わって、今しか撮れない瞬間をよく携帯で撮ったりしています。
息子が大きくなった時に一緒に赤ちゃん時代の写真や動画を見るのが楽しみです!

 

子育てで辛い時期のまとめ

いかがでしたか?
子育ては辛いこともありますが、その度にこう思うようにしています。
「こんなにも自分を必要としてくれる時期は今しかない。この時期に思いっきり愛してあげよう」と。

世界にたった一人しかいないわが子の成長をこれからも楽しみながら子育てをしていきます!

 

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - 育児 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

給食 完食できない
給食を完食できない子供に苦痛を感じさせずに食べてもらうには?

給食で悩んでいる子供は結構います。 好き嫌いがあったり、小食であったりと理由はさ …

3ヶ月 赤ちゃん 頭皮 ふけ
3ヶ月の赤ちゃんの頭皮にできるフケやかさぶたの原因と対策!

スポンサードリンク 毎日きちんとお風呂に入って頭も洗っているのに、 赤ちゃんの頭 …

赤ちゃん マグ 汚れ
赤ちゃんのストローマグの汚れの原因と落とし方!私が最後に試したのは・・・

赤ちゃんがストローマグを使って飲み物を飲めるようになってくれると ママはうれしい …

赤ちゃん 外出 いつから
赤ちゃんの外出はいつからOK?生後1か月の場合は?必要な持ち物は?

スポンサードリンク 「生後何か月くらいから赤ちゃんと一緒にお出かけしていいの?」 …

赤ちゃん 6ヶ月 顔 カサカサ
赤ちゃんが生後6ヶ月頃に顔がカサカサしてしまう原因とその対策を紹介!

スポンサードリンク 可愛い赤ちゃんの顔がカサカサしたり、粉を拭いたようになってい …

子育て 大変 時期
子育ての大変な時期はいつまで?ストレスを発散してイライラしない方法は?

スポンサードリンク 歩くようになれば・・・ 話すようになれば・・・ 自分でできる …

子育て 悩み 一人っ子
子育ての悩み 一人っ子のメリットデメリットとママがするべき事とは?

どのママでも、ほとんどのママが最初は一人っ子のママです。 多くの子供は、一人っ子 …

朝になると学校へ行きたくない
朝になると学校へ行きたくないと小学生の子供が泣く理由は?

  スポンサードリンク 最近は小学生でも不登校の子供が増えています。 …

ジャンプスーツ ベビー 必要
【体験談】ジャンプスーツがベビーに必要かは生活スタイルで決まる!

寒さ対策として、上着や防寒着を用意しますが、 まだ歩くことのできないベビーにはど …

乳児湿疹 プロペト 効果
乳児湿疹で処方されるプロペトの効果は?使い方と2つの注意点を紹介!

スポンサードリンク 赤ちゃんの肌がカサカサして赤いブツブツや、 黄色いかさぶたの …