これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

夏フェスの暑さ対策におすすめのグッズは?日焼け対策は?雨対策は必要?

   

 

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_m

真夏の野外で行う夏フェスでは、熱中症で倒れる人が続出します。

暑さ対策日焼け対策雨対策など、
楽しい夏フェスを快適に過ごすための対策を紹介します。

スポンサーリンク

夏フェスの暑さ対策におすすめのグッズは?

暑さ対策におすすめのグッズは、水で濡らすと冷たくなるスカーフです。
首に巻いて使うと、ひんやりして体を冷やせます。
水で濡らすと冷たさが復活するので、繰り返し使え重宝します。

他には、凍らせたドリンクもおすすめです。
体を冷やすのに使ったあとは、冷たいドリンクとして水分補給が出来ます。

熱中症対策の飴やタブレットも準備しておきましょう。

 

夏フェスでの日焼け対策について

夏フェスでは長時間紫外線を浴びることになるので、日焼け対策は絶対に必要です。

スポンサーリンク

まず日焼け止めですが、汗をかくと流れ落ちてしまいます。
それでも、こまめに塗ることが大切です。

帽子も被った方が良いでしょう。
出来れば、キャップよりもハットの方が日差しを防げます。

キャップの場合は耳の後ろが焼けてしまうので、
頭からバスタオルを被ると耳、首、肩を同時にケアできます。

 

夏フェスは雨対策も必要!

夏フェスは少々の雨では中断されません。
雨が降ってくると、むしろテンションが上がって盛り上がることもあります。

天気の急変に備えて、雨具の用意もしておきましょう。
会場では、傘は迷惑になるのでレインコートが必要です。

靴も濡れても大丈夫なものが良いでしょう。
山などでは、雨に濡れると肌寒くなることもあるので着替えも用意しましょう。

 

まとめ

野外での夏フェスは、かなり暑くなります。
暑さ対策や熱中症対策のため、こまめに水分補給をしましょう。

日焼け対策としては、日焼け止めをこまめに塗ることが大切です。
バスタオルを頭からすっぽりと被ると、耳、首、肩を同時にケアできて便利です。

天気の急変に備え、雨具の用意もしておきましょう。
雨の中でも楽しめるように、レインコートや汚れても良い靴で参加するのがおすすめです。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - 夏のイベント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

お盆にお墓参りをするのはなぜ?時期はいつ?服装は?

お盆の時期には、お墓参りに行く習慣があります。 スポンサーリンク 地方や宗派によ …

ねぶた祭りの駐車場でおすすめは?観覧席は必要?無しでも見れる?

スポンサーリンク 家族で青森ねぶた祭りを見に行く時には、車での移動が便利ですね。 …

金魚すくい コツ ポイ
金魚すくいのコツ 正しいポイの使い方と良心的な店の見分け方!

スポンサーリンク お祭りの屋台にある金魚すくいのお店で、なんとも上手に金魚をたく …

初盆のお供えのお返しはどうする?贈る時期は?表書きはどう書く?

忌明け後に初めて迎えるお盆の事を初盆、または新盆と呼びます。 スポンサーリンク …

隅田川花火大会2015年はいつ?場所取りは何時から?混雑を回避できる?

  スポンサーリンク 毎年100万人近い人が訪れる隅田川花火大会。 夏 …

りんご飴 食べ方
りんご飴の上手な食べ方!選び方と食べる時のポイントは?

夏祭りに欠かせない「りんご飴」! スポンサーリンク 大きなりんごに飴がたっぷりと …

暑中見舞い 書き方 小学生
暑中見舞いの書き方で小学生が先生へ送る時のマナーと例文を紹介!

子供の小学校の先生から夏休みになると暑中見舞いが届きますね。 スポンサーリンク …

お中元の時期は関西と関東で違う?両親にも贈る?金額の相場は?

スポンサーリンク お中元は日ごろお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるもので …

うなぎの食べ方でおすすめは?うな重とうな丼とひつまぶしの違いは?

スポンサーリンク 土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣があります。 2015年は …

初盆のお供えへのお返し お礼状の書き方のルールは?文例は?

身内の初盆の供養を行う際に、 当日は参列は出来ないもののお供えだけを贈ってくださ …