これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

u18野球ワールドカップって何?日程は?決勝は甲子園でするの?

   

107137

夏の甲子園が終わると、今度はU-18野球ワールドカップが行われます。

日本はこれまで準優勝が最高ですが、
今年は日本で開催される事もあり、初優勝の期待がかかります。

大会の概要と試合日程、対戦相手を紹介します。

スポンサーリンク

u18野球ワールドカップとは?

u18野球ワールドカップというのは、
世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催している大会で、
各国の16歳から18歳までの選手によって行われる野球の国際大会です。

この大会は隔年で行われ、2015年の第27回大会は日本で行われます。

開催が無い年には、翌年の出場権をかけて予選を兼ねた大会が各地域ごとに行われます。
アジア地域では18Uアジア選手権が行われ上位2チームに翌年の出場権が与えられます。

ちなみに昨年、タイのバンコクで行われた18Uアジア選手権では、
日本は決勝で韓国に敗れ準優勝での出場権獲得でした。

 

u18野球ワールドカップの日程は?

2015年の第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ

8月28日(金)から9月6日(日)の日程で行われます。

1stラウンドの組み合わせも決まっており
日本の対戦相手と試合日程は以下の通りです。

8月28日、ブラジル戦
8月29日、アメリカ戦
8月30日、オーストラリア戦
8月31日、チェコ戦
9月1日、メキシコ戦
と、予定されています。

1stラウンドの上位3チームは、スーパーラウンドに進むことが出来、
そこで上位2チームに残ると、決勝戦を戦うことが出来ます。


スポンサーリンク

u18野球ワールドカップの決勝は甲子園で?

今回のU-18野球ワールドカップは、大阪府と兵庫県で開催されますが、
3位決定戦決勝戦甲子園で行われます。

今年の夏の甲子園が2日ほど早く始まっているのは、
後にこの大会が控えているからだそうです。

U-18野球ワールドカップの代表には、甲子園で活躍した選手が多く選ばれています。
順調に勝ち進んでいけば、もう一度甲子園での勇姿を見られそうです。

 

まとめ

今回のu18野球ワールドカップの見所の一つは選手選考です。

第一次候補には選ばれていませんが、
注目の清宮幸太郎内野手も甲子園での活躍次第では
代表入りの可能性はあります。

これまで1年生の野手が選ばれた事はありません。
PLの清原、星稜の松井でも選ばれていない狭き門を突破できるか注目です。

スポンサーリンク


こんな記事も読まれています

 - スポーツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

東京競馬場 混雑
ジャパンカップ当日の混雑状況は?開門時間とお薦めの観戦スポットを紹介!

スポンサーリンク 毎年11月の末に東京競馬場で行われるG1レース 第37回ジャパ …

高校野球
選抜高校野球2017の出場校予想!代表候補32校を21世紀枠と共に発表します!

スポンサーリンク 3月19日から12日間の日程で行われる第89回選抜高校野球大会 …

凱旋門
凱旋門賞の馬券を日本で買える?JRAが発売する海外のレースは?

スポンサーリンク ダービー馬、マカヒキが参戦予定の2016年の凱旋門賞。 これま …

野球のポスティング制度とは?メリットとデメリットは?

スポンサーリンク 日本の選手がメジャーへ移籍するために作られたポスティング制度。 …

選抜高校野球の日程 2016年は?注目選手と優勝予想は?

スポンサーリンク 春の甲子園、選抜高校野球が始まります。 2016年の日程と、注 …

スキー 雨予報
スキーの日が雨予報でもあきらめない!雨の日対策と滑る時の格好を紹介!

スポンサーリンク スキーに行く日の天気予報が雨になっていると悩みますよね。 出来 …

高校野球の夏の甲子園 2016年の注目選手と優勝候補は?

スポンサーリンク 高校野球の夏の甲子園2016がいよいよ始まりますね。 組み合わ …

全米オープンテニスの組み合わせ決定!日本人選手の相手と優勝予想は?

スポンサーリンク 全米オープンテニス2015のドローが発表されました。 この大会 …

競馬
有馬記念2016の日程と出走予定の有力馬を紹介します!

スポンサーリンク 競馬の1年を締めくくるドリームレース、有馬記念が近づいてきまし …

斤量
凱旋門賞は牝馬が有利は本当?3歳馬と古馬との斤量差を日本と比べると?

スポンサーリンク 最近の凱旋門賞では牝馬の活躍が続いています。 そのことから「牝 …