これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

スタッドレスタイヤを長持ちさせる保管方法とは?

   

151344

雪の少ない地域では、スタッドレスタイヤを履くのは年間で3~4ヵ月ぐらいです。

そうなると溝が減る前に、劣化による寿命がきてしまいます。

スタッドレスタイヤを少しでも長持ちさせるにはどうすればいいか、
走行時の注意点と夏場の保管方法を紹介します。

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤを長持ちさせるには?

スタッドレスタイヤの寿命は、溝の減り具合ゴムの硬さで決まります。

まずはエコ運転を心がけましょう。
急加速、急ブレーキ、急ハンドルはタイヤの摩耗につながります。

次は夏場の保管方法です。
使っていない時の保管の仕方次第で、タイヤの劣化具合は大きく変わってきます。

特に雪の多い地域でなければ、溝が減る前にタイヤが硬くなることで寿命を迎えてしまいます。

そう考えると、スタッドレスタイヤを長持ちさせるには
夏場の保管方法が最も重要になってきます。

 

スタッドレスタイヤを長持ちさせる保管方法とは?

スタッドレスタイヤを長持ちさせる保管方法を紹介します。

・外したタイヤには凍結防止剤などが付着しているので、しっかりと水で洗い汚れを落とす
・空気圧を半分くらいに落とす(変形を防止するためにも全部抜かない)
・大きなビニール袋やラップでタイヤのゴムの部分を包む
・直射日光を避け、風通しの良い涼しい場所に保管する


スポンサードリンク

スタッドレスタイヤのつけっぱなしの危険性は?

スタッドレスタイヤは通常は冬に使うものですが、
春になっても交換せず、そのまま夏用として使う方もいるようです。

スタッドレスとしては寿命だけど、溝は減っていないのでもったいない
買い替えのタイミングなので、このまま履きつぶそう

理由はさまざまですが、つけっぱなしにしている方は結構いるようです。

しかし夏場にスタッドレスタイヤを使う事には、いくつかの危険性があります。

スタッドレスタイヤは冬のアイスバーン対策に作られたタイヤです。

そのため低温でも硬くならないような特殊なゴムを使っています。
また太い溝が入っているのも特徴です。

それらの特徴の為、夏タイヤに比べブレーキの効きが悪くなり制動距離が長くなってしまいます。
また耐ハイドロプレーニング性能が低下する危険性もあります。

他にもハンドリング性能の低下燃費も悪くなるといわれています。

もし夏タイヤとして利用する場合には、それらの危険性を考慮して運転するようにしましょう。
特に雨の日は滑りやすくなるので、注意しましょう。

 

まとめ

スタッドレスタイヤを長持ちさせる秘訣は、夏場の保管方法にあります。

少し手間がかかりますが、出来るだけ劣化を防ぎ
性能を十分に発揮できる状態で使用しましょう。

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ドルコスト平均法のメリット・デメリットは?ガソリン代を節約出来る?

スポンサードリンク ドルコスト平均法というのは、投資の世界で用いられる手法の一つ …

年賀状を出してない人への返事とマナー!寒中見舞いの注意点とは?

スポンサードリンク 出し忘れなど、年賀状を出していなかった人から届いたときにはど …

夏バテは水の飲みすぎが原因?ミネラル不足?上手な水分補給の方法は?

スポンサードリンク 暑くなって汗をかくようになると、水分補給が必要になります。 …

子供が熱中症になりやすいのはなぜ?なる時のサインは?応急処置は?

スポンサードリンク 暑くなると気を付けたいのが熱中症です。 特に子供は熱中症にな …

喪中はがきの差出人は夫婦連名?故人との続柄と文面は?

  喪中はがきの書き方を紹介します。 スポンサードリンク 特に妻側の親 …

犬の夏バテ対策で食事が大切な理由は?症状別のエサの与え方は?

犬は全身が毛で覆われていることもあり、暑さには弱い生き物です。 高温多湿の環境で …

こたつ布団がカビ臭い時はどうする?自宅で洗濯?天日干しが効果的?

スポンサードリンク 久しぶりにこたつを使おうと思ったら、布団がカビ臭い・・・ そ …

お歳暮を安く買うには?早期割引とまとめ買いはどっちがお得?

スポンサードリンク 今年もお歳暮の準備を始める時期になりました。 1年間の感謝の …

スマホ手袋はなぜ操作できるの?防寒性能は?自作できる?

スポンサードリンク 手袋をしたままでスマホをいじれる、スマホ手袋をご存知ですか? …

半身浴で痩せるというのはウソ?どんな効果がある?汗をかくコツは?

スポンサードリンク ダイエットに効果があるといわれる半身浴。 意外と知られていな …