これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

熱中症の症状とは?予防法は?応急処置はどうすればいい?

   

3771031afa79018fcf49b5974de7b4ef_l

熱中症は高温多湿の環境に体が適応できないときに現れる症状です。

温暖化の影響もあり患者数は、年々増えています。

放っておくと、命に関わる事もあるので早めの対処が必要です。

スポンサードリンク

熱中症の症状とは?

熱中症の症状には大きく分けて3段階あります。

軽度の場合は、顔のほてりやめまい、立ちくらみの症状がでます。
次に「こむら返り」など筋肉のけいれんが始まります。

中等度になると、体のだるさや吐き気、汗のかき方がおかしくなってきます。
体温の調節機能が働かなくなり体温が上昇します。

重度になると、呼びかけに反応が無くなり、自力での水分補給が出来なくなります。
この段階まで行ってしまった場合には、ただちに病院で手当てが必要です。

スポンサードリンク

 

熱中症の予防法はある?

熱中症の予防法
・睡眠をしっかりとって、体調を整える
・水分をこまめに獲る
・塩分を適度に獲る

まずは、夜しっかりと眠れる環境を作り、バランスの良い食事を食べて体調を整えましょう。

暑くなると汗を大量にかくので、失われた水分を補給する必要があります。
その時には汗と一緒に流れ出た塩分も補給するようにしましょう。

 

熱中症の応急処置はどうすればいい?

熱中症になってしまったときの応急処置を説明します。

・涼しい所に移動させる
・服を脱がして、体温を下げる
・水分と塩分を補給する

風通しが良い場所に移動させ、保冷剤で首筋や脇、脚の付け根を冷やし体温を下げます。

スポーツドリンクなどを飲ませ、水分と塩分を同時に補給します。

 

まとめ

熱中症を予防するためには、日頃から体調を整える必要があります。
水分はこまめに獲り、汗で流れた塩分を補給する必要があります。

また、暑いときには昼間の外出を控え、涼しくなった夕方ごろから外出するのも良い方法です。

熱中症は命に関わることもある症状です、重度の場合にはすぐに病院へ行きましょう。

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

お年玉年賀はがき 未使用が当選したら?書き損じの場合は?引き換え方法と期限は?

スポンサードリンク 多めに用意したお年玉年賀はがきが未使用のまま余ってしまう事や …

新社会人の一人暮らしに必要なものは?男性ならこれだけで大丈夫!

スポンサードリンク 新社会人になり初めての一人暮らし。 引っ越しの準備をしないと …

子供の車酔いがひどい!原因は臭いかも?タバコの臭い対策は?

スポンサードリンク 車に乗るとすぐに酔って気分が悪くなってしまう・・・ 子供の車 …

no image
早生まれとは何?4月1日で分かれる理由は?メリット、デメリットは?

1月から3月生まれの人を指す言葉・・・ 1年の初めに生まれているから早生まれ? …

お薬手帳を忘れると損?持参で安くなる理由は?窓口負担減はいくら?

スポンサードリンク 2年ごとに改定される診療(調剤)報酬制度。 2016年の4月 …

uvカットは車の運転中はどうしてる?uvカットガラスの効果は?手袋は必要?

スポンサードリンク 車の運転中の紫外線対策は万全ですか? 紫外線の量は春先から夏 …

秋の夕暮れに事故が多発するのはなぜ?原因と防止策は?

スポンサードリンク 秋になり日が暮れるのが早くなってきました。 それに応じて、交 …

電力自由化,電気料金
大阪ガスの電気で料金は安くなる?セット割のメリットとデメリットは?

スポンサードリンク 電力自由化が解禁されたことで、 今ではいろいろな電気事業者が …

夏バテの原因は?食事で気を付けることは?エアコンの使い方は?

スポンサードリンク 暑い日が続いてくると、疲れが取れない、体がだるい、食欲がない …

お彼岸とお盆の違いは?お墓参りをする理由は?おはぎを供える理由は?

スポンサードリンク お彼岸とお盆の違いを知っていますか? お彼岸の場合は、「おは …