これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

鵜飼とはどんな漁法?見れる時期や場所は?

   

044304

5月の中旬になるとアユ漁が解禁されます。

それに合わせて始まるのが鵜飼です。

鵜飼は奈良時代には始まっていた記録があり、時の有力者にも献上していたようです。

現在でも「御料鵜飼」は行われ、皇居にも献上されています。

スポンサードリンク

鵜飼とは?

鵜飼というのは、海鵜を使って鮎を獲る伝統的な漁法です。

暗闇のなか小舟にかがり火を焚き、集まってきた鮎を鵜が捕まえます。

鵜を操る人のことを鵜匠といい、
鵜匠は、鵜が鮎を飲み込んだ瞬間に手ごたえでそれを感じ取り、籠に吐かせます。

鵜匠が操る鵜の数は地域や漁法によって異なりますが、小舟を使った通常の鵜飼は5~10羽の鵜を巧みに操ります。

鵜の首にはひもが巻かれていて、一定の大きさ以上の鮎は呑み込めなくなっています。

このひもの巻き具合が難しく、緩すぎると殆どの鮎が完全に飲み込まれてしまいます。
逆にきつく締めすぎると、ほとんど飲み込めなくなり鵜のやる気が無くなってしまいます。

微妙なさじ加減が鵜匠の腕の見せ所でもあります。

スポンサードリンク

 

鵜飼の時期は?

鵜飼の時期は、鮎の解禁日に合わせて行われます。

各地の漁協によって解禁日が異なりますが、
5月中旬ぐらいから10月中旬が目安です。

 

鵜飼を見れる場所は?

現在、鵜飼が行われている場所は

山梨県笛吹市の笛吹川、岐阜県岐阜市と関市の長良川、愛知県犬山市の木曽川、
京都府宇治市の宇治川、 京都府京都市の大堰川、和歌山県有田市の有田川、
広島県三次市の馬洗川、島根県益田市の高津川、 山口県岩国市の錦川、
愛媛県大洲市の肱川、大分県日田市の三隈川、福岡県朝倉市の筑後川

などがあります。

このうち、岐阜市の長良川鵜飼と関市の小瀬鵜飼の鵜匠は、宮内庁式部職鵜匠として
年8回の「御料鵜飼」を行っています。

ここで獲れた鮎は皇居へ献上され、明治神宮や伊勢神宮に奉納されます。

 

まとめ

鵜飼とは鵜を使って鮎を獲る伝統的な漁法です。

最近では観光としての鵜飼が多くなっています。
時期は5月中旬から10月中旬ぐらいです。
ちなみに岐阜市の長良川鵜飼は、毎年5月11日から10月15日まで行われます。

鵜飼で獲ったアユは「歯形の鮎」と呼ばれ、くちばしの痕が付いています。

くちばしで瞬殺された鮎は、新鮮で美味しいため一般には出回らず
契約しているホテルや料亭などに出荷されます。

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - レジャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

生駒山,登山
生駒山の登山 初心者でも楽しめるコースを紹介!実際に歩いた感想は?

スポンサードリンク 11月3日の文化の日に子供と一緒に、生駒山に登山に行ってきま …

大雪山の紅葉でおすすめのスポットは?登山は必要?

スポンサードリンク 日本一早いといわれる大雪山の紅葉。 9月になるとTVのニュー …

葛城山のつつじの見ごろはいつ?駐車場はある?混雑具合は?

スポンサードリンク 奈良県御所市にある葛城山自然つつじ園のつつじは、 「一目百万 …

格安チケット
大阪-博多間の新幹線の最安値チケット 日帰り往復で1万円!

スポンサードリンク 現在期間限定で発売されている超お得な割引切符を紹介します。 …

イチゴ狩りに奈良のあすかに行ってきた!料金は?感想は?

    スポンサードリンク ゴールデンウイークに奈良の明日香 …

新幹線格安チケット
大阪から博多への新幹線の格安チケットの購入・利用方法は?

家族旅行などで遠出する場合、交通費が結構な金額になる事がありますよね。 スポンサ …