これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

ccとbccとtoの違いは?使い分け方は?返信するときの注意点は?

   

008467

メールを送信するときに宛先(to)の下にある、ccとbcc。

この二つの意味や使い方は間違っていませんか?

使い方を間違えると、個人情報の漏洩など思わぬトラブルにつながります。

スポンサードリンク

ccとbccとtoの違いは?

通常、メールを送るときには宛先(to)にアドレスを入力します。

メインに送りたい人には「to」で送ります。
「to」の欄に複数のアドレスを入力して一斉に送信することも出来ます。

「cc」というのはカーボン・コピーの略です。
「to」がメインの送信先なのに対し、「参考程度、確認のため」という意味合いがあります。

「to」や「cc」で送信した場合、表示されている名前やアドレスは、
送信された人、全員が見ることが出来ます。

送り先同士が、知り合いでない場合でもアドレスなどの情報が漏れてしまう恐れがあります。

「bcc」というのは、ブラインド・カーボン・コピーの略になります。

使い方は「cc」と同じですが、「bcc」で送ったアドレスは他の人には見えません。

スポンサードリンク

 

cc bccの使い分け方は?

複数の送信先で情報を共有したい場合には「cc」を使います。
「to」と「cc」に入っているアドレスを見れば、誰が情報を共有しているのかが分かります。
また、本文の宛名にも「cc:○○さん」と付け足しておくと、見損じを防げます。

一方で、送信先同士が面識がない場合は「bcc」を使います。
「to」に自分(送信者自身)のアドレスを入れ、「bcc」に送信先のアドレスを入力すると
受信した人は、他人のアドレスを見ることが出来ません。

携帯などのアドレス変更のお知らせを一斉送信で送るときなどには、ぜひ使いたい機能です。

 

cc bccを返信するときに気を付ける事は?

「cc」や「bcc」で送られてきたメールに返信するときには、
気を付けなければいけない事があります。

「cc」で届いたメールの場合、

通常は、情報を共有する目的で送られてきているので、「全員に返信」が基本です。
内容によって、共有する必要が無い場合には「to」のみに返信することもあります。

「bcc」で届いたメールの場合、

「to」のみに返信することが基本です。
「全員に返信」をすると、隠されていたアドレスが全員に知られてしまいます。

 

まとめ

「cc」や「bcc」を上手く使い分けることで、
情報のスムーズな共有と個人情報の漏洩を防ぐことが出来ます。

特にアドレス変更のお知らせなどは、絶対に「bcc」を使うべきです。
全く面識のない人に、個人情報が漏れるのを防ぐことが出来ます。

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - 生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

秋の夕暮れに事故が多発するのはなぜ?原因と防止策は?

スポンサードリンク 秋になり日が暮れるのが早くなってきました。 それに応じて、交 …

婚約指輪の予算の相場はいくら?ダイヤのカラット数は?ブランドでおすすめは?

スポンサードリンク 婚約の記念品として彼女に送る婚約指輪。 昔は「給料の3か月分 …

耳掃除のしすぎは危険!?頻度は?綿棒は大丈夫?

スポンサードリンク 何かをしながら耳をこちょこちょ・・・気持ちいいですね。 好き …

お年玉の相場 甥や姪はいくら?年齢別に紹介します!

スポンサードリンク 子供のころはお正月の一番の楽しみだったお年玉。 大人になり、 …

青春18きっぷの使い方は?利用期間は?安く買う方法は?

スポンサードリンク 夏休みになると「どこか旅行に行きたい」ってなりますね。 そん …

ワイドfmとは何?なぜ必要なの?聴くには何が必要?

スポンサードリンク 日本全国で、続々とスタートしているワイドFM。 AM放送を補 …

uvカットは車の運転中はどうしてる?uvカットガラスの効果は?手袋は必要?

スポンサードリンク 車の運転中の紫外線対策は万全ですか? 紫外線の量は春先から夏 …

電力自由化,電気料金
大阪ガスの電気で料金は安くなる?セット割のメリットとデメリットは?

スポンサードリンク 電力自由化が解禁されたことで、 今ではいろいろな電気事業者が …

お彼岸とお盆の違いは?お墓参りをする理由は?おはぎを供える理由は?

スポンサードリンク お彼岸とお盆の違いを知っていますか? お彼岸の場合は、「おは …

落雷から身を守るにはどうする?木の下は危険?安全な場所は?

スポンサードリンク 夏になると増えてくるのが雷による事故です。 日本では夏の間に …