これ、知ってる?

日常のちょっとした疑問をさくっと解決!

土用の丑の日にうなぎを食べる理由は?土用とは何?2015年はいつ?

   

9fdbc39f0bdcdfe88615b9b1c04b15cc_l

土用の丑の日といえば「うなぎ」ですね。
スーパーや新聞の広告などでもよく目にします。

では、なぜうなぎを食べるようになったのかご存知ですか?
その由来は江戸中期に活躍した平賀源内に関係があるそうです

スポンサードリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる理由は?

土用の丑の日に「うなぎ」を食べる由来は諸説ありますが、
有力な説は、江戸時代に平賀源内が広めたという説です。

もともと土用の丑の日には、
黒い物「う」の付くものを食べると「夏バテしない」という風習がありました。

平賀源内はそれを元にして、うなぎ屋のためにキャッチコピーを考えたそうです。
それが広まり、現在まで続いているそうです。

スポンサードリンク

 

土用の丑の日の土用とは何?

土用というのは立夏、立秋、立冬、立春直前18日間を指します。
丑の日は十二支の丑の日を指し、12日に1回巡ってきます。

そのため土用の丑の日というのは、18日間の土用の期間中に1回か2回あります
2回あるときは、1回目を一の丑、2回目を二の丑と呼びます。

また通常は、土用の丑の日というと夏の土用の丑の日を指すことが多いです。

 

土用の丑の日は2015年はいつ?

2015年の土用の丑の日はいつなのかというと、
7月24日( 一の丑)、 8月5日(二の丑)です。

今年は土用の丑の日が2度ある年なんですね。

うなぎはビタミンやミネラルなどの身体に必要な栄養素が豊富に含まれています。
食べ方も色々あって、うな丼、うな重、ひつまぶし、白焼きなど、どれも美味しく頂けます。

 

まとめ

土用の丑の日にうなぎを食べる理由は、江戸時代に平賀源内が広めたとされる説が有力です。

土用は立夏、立秋、立冬、立春という季節の変わり目の直前18日間を指します。
土用の丑の日は2回あることがあり、それぞれを一の丑、二の丑と呼びます。

2015年の土用の丑の日は、7月24日( 一の丑)、 8月5日(二の丑)の2回あります。

夏を乗り切るパワーを付けるためにも、栄養豊富なうなぎを美味しく食べたいですね。

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - 夏のイベント ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

隅田川花火大会を会場以外で見るには?ホテル?レストラン?

スポンサードリンク 7月25日(土)に開催される「平成27年(第38回)隅田川花 …

お盆にお墓参りをするのはなぜ?時期はいつ?服装は?

お盆の時期には、お墓参りに行く習慣があります。 スポンサードリンク 地方や宗派に …

夏フェスの暑さ対策におすすめのグッズは?日焼け対策は?雨対策は必要?

  スポンサードリンク 真夏の野外で行う夏フェスでは、熱中症で倒れる人 …

神宮花火大会はチケットなしでも見れる?おすすめの会場は?料金は?

  神宮花火大会は6つの有料会場が用意されています。 スポンサードリン …

足立花火大会2015の日程は?アクセスは?場所取りの時間は?

スポンサードリンク 東京で一番早い夏の花火大会、「第37回足立の花火」が開催され …

うなぎの食べ方でおすすめは?うな重とうな丼とひつまぶしの違いは?

スポンサードリンク 土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣があります。 2015年 …

青森のねぶた祭りとはどんな祭り?2015年の日程は?見どころは?

スポンサードリンク 青森ねぶた祭は、元々は七夕まつりだったものが 時代と共に変化 …

京都の祇園祭とはどんな祭り?2015年の日程は?見所は?

スポンサードリンク 平安時代から続く、京都の祇園祭。 応仁の乱などで一時中断を余 …

天神祭の日程は2015はいつ?見どころは?電車での行き方は?

スポンサードリンク 日本三大祭りの一つである大阪の「天神祭」が近づきてきました。 …

熊谷うちわ祭りの由来は?日程は?叩き合いとは?

スポンサードリンク 「関東一の祇園」といわれる熊谷うちわ祭りは7月20日、21日 …